プロフィール

野々花(ののか)

Author:野々花(ののか)
趣味は観劇です。
 応援している役者さん
 ・石川禅さん
 ・香寿たつきさん
 好きな作品
 ・『レ・ミゼラブル』
コメント頂けると嬉しいです♪
尚、記事に関係のないコメントは
削除させて頂く場合がございます。
ご了承くださいませ。

やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

カレンダー&アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

カテゴリー表示

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 ご訪問ありがとうございます♪ 観劇・ビーズアクセサリー作り・おいしいものを食べることetc・・・。私の好きなことをのんびり綴っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
『冷静と情熱のあいだ』Blu
 江国香織さんが女性の視点から描いたRossoに対して、
こちらは男性の視点から描いた物語。

冷静と情熱のあいだ―Blu 冷静と情熱のあいだ―Blu
辻 仁成 (2001/09)
角川書店

この商品の詳細を見る


 好みがあると思いますが、私はこっちのほうが好きだなー。

 江国さんの文章はなんか抽象的すぎて、まるっきり伝わってくるものがなかったんですよね。
私に想像力がないといえばそれまでなのですが・・・。
 でも、辻仁成さんの文章だと、
登場人物一人ひとりの人物描写が具体的で、感情移入しやすかったです。
 一つの恋に終止符をうてず、過去を引きずりながら生きる主人公順正
イタリア人の父との確執を持つ、順正の恋人芽実
弟子の才能を認めながらも、嫉妬し、自ら死を選ぶ修復士のジョバンナ
ジョバンナだけは死を選びますが、
皆んな心に陰を抱きながら、それを表に出さずに生きる姿に
“生きて行くって切ないなぁ”って涙が出そうになりました
 
 修復士っていう主人公の仕事もなかなか興味深かったです。
美術のことはよくわからないけど、
修復士のおかげで、中世の名画が、今も私たちの目を楽しませてくれてるんですよね!
そう考えると、過去と未来の架け橋となるロマンのある仕事だなぁ

 Rossoのミラノの街並みの描写に続き、こちらのフィレンツェの街並みの描写も素敵でした☆
フィレンツェというと、道端のいたるところに犬のフンが落ちていたり、ジプシーがいたり・・・、
あんまり良いイメージなかったんですけど
この小説読むと、“古きものを大切にする、過去と共存する美しい街並み”が目に浮かんできます。
 イタリアに旅行した時に、フィレンツェのドゥオモも訪れたんですが、
クーポラを下から眺めるだけで、上まで登りませんでした。
今思えば、せっかく行ったんだから登っておけばよかったなぁ・・・(悔)

 
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

[2007/05/26 20:26] | Book | トラックバック(0) | コメント(0)
<<いつの日か・・・ | ホーム | 6月の観劇予定>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://beautifuldaychoko.blog67.fc2.com/tb.php/252-4fc79eb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。