プロフィール

野々花(ののか)

Author:野々花(ののか)
趣味は観劇です。
 応援している役者さん
 ・石川禅さん
 ・香寿たつきさん
 好きな作品
 ・『レ・ミゼラブル』
コメント頂けると嬉しいです♪
尚、記事に関係のないコメントは
削除させて頂く場合がございます。
ご了承くださいませ。

やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

カレンダー&アーカイブ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 

カテゴリー表示

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 ご訪問ありがとうございます♪ 観劇・ビーズアクセサリー作り・おいしいものを食べることetc・・・。私の好きなことをのんびり綴っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
『冷静と情熱のあいだ』Rosso
 職場の後輩から薦められ、読んでみました。
後輩からは「読む時は必ず“赤”から読んでください!」と念を押され・・・??
冷静と情熱のあいだ―Rosso 冷静と情熱のあいだ―Rosso
江國 香織 (2001/09)
角川書店

この商品の詳細を見る


 この物語はこちらのRossoとは別に、
男性側からの視点で辻仁成さんが書いたBluがあります。
書き手が違う2つの物語がラスト一つになる・・・面白い試みですね。

 後輩がなぜ、こちらから読むよう薦めたのかはわかりませんが、
女性の視点で江國香織さんが描いた“Rosso”。

 う~ん、ちょっと退屈だった・・・
だって、主人公のあおいは、お風呂入ってるか、本読んでるかのどっちかで、
行動を起こすタイプではないんだもん。
これでラスト、フィレンツェのドゥオモで順正と出会えなかったら・・・!
ただただ、ミラノの街並みとちょっと
オシャレな生活ぶりを描いてるって印象で終わったでしょうね。

 実際、ミラノの街並みの描写はとても素敵
数年前にミラノを訪れた時のことを思い出しました。
 たくさんの壁の落書きと無造作に縦列駐車されている車たちに驚いた街並みでしたが、
神経質に感じるほど、細かな彫刻が圧巻だったドゥオモ
そして、空気が清らかに感じた“最後の晩餐”が鑑賞できるサンタマリア・デッレ・グラツィエ教会
そういえばここを訪れた時、ガイドさんが
「ここが『冷静と情熱のあいだ』の映画のロケをしたところです。」
って言ってました。
当時は、映画も見た事なかったので“ふ~ん”って、
あんまり興味なかったけど、
今だったら食い入るように見てきたでしょうね(笑)

 あぁー、またイタリアに行きたいなぁ~
もしくは、イタリア行ってみたいなぁと思わせる小説であることに間違いありません。

 最後に、あおいの元カレマーヴが、
その後素敵な女性と巡り会っていますよーに・・・
君はナイス・ガイすぎたよ。





 

 
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

[2007/02/18 16:48] | Book | トラックバック(0) | コメント(2)
<<皆さんどうしてます? | ホーム | 冬の強~い味方♪>>
コメント
私も読んだことありましたが、Rossoは物足りないですよね~(′・ω・`)
なんていうか・・・女性ってそうなの?そんなに引きずらないで
こざっぱりとお洒落な生活送っちゃって・・・って思いました。
最後だけ盛り上がったのが、また妙に不思議な感じで。
辻さんの方の男性目線の方が、楽しめました。(男性の方がロマンチックなんでしょうか?w
ミラノ・・・行ってみたいです~~~e-420この本を読んでいると、とっても行きたくなりますね(*´▽`*)
[2007/02/18 22:13] URL | まくまく #- [ 編集 ]
 ♪まくまく様
 そうなんですよ~!
なんか、まわりから見れば満たされた生活送ってるのに、
贅沢だよっってカンジなんですよね。
それは、あおい自身が自分のことを語ってないせいからかも。
今、Bluを読み始めてますが、
こちらのほうが、主人公に感情移入できるカンジですv-218
 読み終わったら、また感想書きたいと思っています!
[2007/02/20 21:09] URL | 野々花 #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://beautifuldaychoko.blog67.fc2.com/tb.php/193-48e0cce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。