プロフィール

野々花(ののか)

Author:野々花(ののか)
趣味は観劇です。
 応援している役者さん
 ・石川禅さん
 ・香寿たつきさん
 好きな作品
 ・『レ・ミゼラブル』
コメント頂けると嬉しいです♪
尚、記事に関係のないコメントは
削除させて頂く場合がございます。
ご了承くださいませ。

やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

カレンダー&アーカイブ

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

カテゴリー表示

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

05 | 2006/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 ご訪問ありがとうございます♪ 観劇・ビーズアクセサリー作り・おいしいものを食べることetc・・・。私の好きなことをのんびり綴っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
おめでとう!
宝塚歌劇団・星組次期主演男役に、とうこ(安蘭けいさん)ちゃん内定の発表がありました。
とうこちゃんおめでとー\(^O^)/
とうこちゃんは、ご贔屓だったたぁたん(香寿たつきさん)と雪→星組と一緒だったので、
舞台をよく観てました(んっ!過去形!?)
親近感あるんです。
たぁたんが退団したとき、私は自分の心の中で一区切りつけるため、
“とうこちゃんのお披露目公演or退団公演まで、大劇場には行かない”と
勝手な決意表明をしていたのです(;^_^A
なのでお披露目公演は、
大劇場まで一番大きな羽背負った、
とうこちゃん観に行きたいと思っていますo(^-^)o
とうこちゃんは、下級生の頃からスター候補として脚光を浴びていたのが、
コム(朝海ひかるさん)ちゃん、おっちょん(成瀬こうきさん)との
同期トリオでの活躍あたりから足踏み状態に…(;_;)
そして同期のコムちゃんやオサ(春野寿美礼さん)ちゃんがトップになる中で、
とうこちゃんは幅広い役柄をこなす実力派として舞台に立ち続けました。
この間、とうこちゃんがどんな思いで舞台に立っていたかわかりませんが、
トップになるまで長い道のりだった分、
今まで経験したことはこれからの舞台人生にプラスになることでしょう!
そして、舞台に対する真摯な姿勢、明るい性格…
きっと魅力的なトップ☆スターになってくれることと思います。
とうこちゃん良かったね!
大きな瞳が、もっともっと!きらきら輝きますように…☆★☆
スポンサーサイト

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2006/06/30 20:21] | 宝塚 | トラックバック(0) | コメント(9)
7月の観劇予定
・7/21(金) 『OUR HOUSE』
・7/22(土) 『OUR HOUSE』
・7/27(木) 『DIAMOND・DOGS MIRACLEs』 
すべて地元での観劇です。
禅さんご出演の『ピーターパン』も始まりますが、
こちらは8月観劇します。
他には、日本初演となる
『ダンスオブヴァンパイア』が開幕ですね!
気になるけど、来月は遠征予定ないからなぁ(>_<)
8月、観れたら観たいと思っています。
四季の『エビータ』も開幕ですよねー。
舞台版は見逃し続けてるので観たいのです。
公演期間延長してくれると嬉しいんだけど…。
ってムリですよね(;^_^A
ご覧になられた方、感想お聞かせてください。

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2006/06/28 20:06] | 観劇 | トラックバック(0) | コメント(0)
『コーラスライン』6/20・ソワレ
 この作品観ると、なぜか肩が凝る理由がわかりました。
この作品休憩時間がないんですねー。
休憩ナシで2時間40分(確か!?)はきっつ~い

 『コーラスライン』
〔原案・振付・演出〕マイケル・ベネット 
〔日本語台本・演出〕浅利慶太
出演:飯野おさみ、坂田加奈子、道口瑞之、熊本亜記、他

20060627211528


 前回観劇した時は、登場人物17人の生い立ちがわからなくて
今イチ共感できなかったんですけど、
今回のプログラムには全員の簡単な紹介文が掲載されていて、
事前に把握できたのは良かったです。
 でも、登場人物たちが抱えてる問題ってのが、
家庭不和だったり、思春期の悩みだったり、
コンプレックスだったり・・・
結構重いテーマなハズなのにそこまで切実に伝わってこないし、
あんまり共感できなかったんですよねー
これって演じ手側の演技力にも問題アリ!?
 それに四季の舞台を観た時は、いつも歌唱力の素晴らしさに感心するのに、
今回は結構音ハズしてる!?って人居たし
ダンスメインでキャスティングしたのかなー!?
坂田加奈子さんキャシーは、ザックの言うとおり、
コーラスでガマンできないでしょう!って思わせるダンス披露してましたしね
 一番楽しみにしていた♪愛した日々に悔いはない
なんだか物足りなかったなー
この歌の歌詞が好きなんですけど、
登場人物たちからはそこまで舞台に賭ける熱い思いが
伝わってこなかった・・・残念

 とっ言うことで、3回目の観劇もどうやら消化不良な
モヤッと感の残る観劇となりました~。

テーマ:劇団四季 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2006/06/27 21:15] | 観劇 | トラックバック(0) | コメント(0)
目指すは、新国立劇場!
昨日は『OUR HOUSE』観劇のため、
一ヵ月ぶりの東京遠征でした。
今回の目的地は“新国立劇場”
初めて行く劇場です。
私はハッキリ言って“方向オンチ”です(;^_^A
しかも、ふだん乗ったことのない京王新線に乗らなければならない…
緊張の遠征のスタートです。
まずは、京王新線に乗り換えるために
新宿へやってきました。
久しぶりに新宿駅に降り立ちましたが、
相変わらず「人多すぎっ!」
人の洪水の流れに身を任せ、
京王新線の乗り場を確認。
んで、biwa様より
新国立周辺は食べるところがないと聞いたので、
南口にあるベーグルのお店で昼食を購入。
ここのベーグル食べてみたら、めちゃうま~\(^O^)/
でっ、帰りも立ち寄りお土産を調達しちゃいました♪
“DOUGHNUT PLANT”というお店。
有名なのかな!?
そして、初めての京王新線です!
がっ、初体験にドキドキする間もなく初台へ到着~。
新国立劇場は初台駅から直結していて、
人の流れについていくと目的地にたどり着くことができました(ホッ)
迷子にならなくて良かったー(笑)
舞台の感想は後日書きたいと思いま~す(^_-)

テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

[2006/06/26 19:21] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(2)
香寿たつきさん
明日はミュージカル『OUR HOUSE』観劇です。
3月以来のたぁたん(香寿たつきさん)の舞台です!
たぁたんは元宝塚歌劇団・星組の主演男役。
在団中から応援していますp(^^)q
たぁたんの舞台姿を認識したのは、
TVの舞台中継で見た『JFK』。
その時演じていた“フーバー長官”の重厚な演技に
「この人、すごい!」と思いました。
“フーバー長官”のほかには『ゼンダ城の虜』の“ヘンツォ伯爵”、
『花の業平』の“藤原基経”
なぜか!?たぁたんが演じた役柄の中では
悪役といわれる役どころが好きなんですよー(^^ゞ
宝塚時代は燕尾服やスーツの似合うバリバリの男役でしたが、
退団後は女性らしい魅力的な舞台で楽しませてくれています。
今回のママはどうなんでしょう?
楽しみですo(^-^)o

テーマ:舞台とミュージカル - ジャンル:アイドル・芸能

[2006/06/24 18:57] | 香寿たつきさん | トラックバック(0) | コメント(0)
完敗
今朝は日本戦観戦のため、
早起きされた方多かったんじゃないですか?
そんな私も前回のクロアチア戦は用があって応援できず、
懺悔の気持ちを込めて4時起きで応援しましたp(^^)q
サッカー王国ブラジルから先取点を取った時は
“キャー\(^O^)/”と大興奮!
このまま勝てるとは思わなかったけど、
リードで前半終了と思ったロス・タイムに同点になるなんてー(涙)
精神的な弱さが日本選手の最大の弱点のような…。
後半はとにかく
“ブラジルお手やわらかに頼みますm(__)m”ってな心境でしたもん。
世界の壁はまだまだ厚いんだなぁー(;_;)
でも今日の敗戦を無駄にせず、
日本のサッカー界の前進につながるようになればいいなぁと思います。
ジーコJAPANお疲れさまでしたー!

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

[2006/06/23 20:15] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0)
HAPPY★BIRTHDAY
 今日は石川禅さんのお誕生日です。
禅さん、お誕生日おめでとうございま~す

 もうすぐ『ピーターパン』も始まりますし、
秋には新作『マリー・アントワネット』が控えています!
お身体に気をつけてますますのご活躍を応援しています
まずは、怖くてちょっぴりオチャメな(笑)フック船長楽しみにしています♪♪♪

テーマ:舞台とミュージカル - ジャンル:アイドル・芸能

[2006/06/22 20:51] | 石川禅さん | トラックバック(0) | コメント(2)
夏に向けてのお手入れ
梅雨に入り、じめじめと蒸し暑い日が続いてますね~(*_*)
この梅雨が明けると今度は暑い夏がやってきます!
私は暑いのはハッキリ言って苦手(>_<)
でもこの時期にしか楽しめないオシャレもありますよね(^_-)
ペディキュアもその一つ。
足のつめの手入れ(特に小指が…)って
なかなか難しくないですかぁ?
それでちょっと贅沢に
ネイルサロンに行ってきちゃいました。
つめの形を整えてもらってると、
お店の人から「小指のつめ大きいですねー」と言われました。
人と比べたことないからわかんなかったけど、そうなのかなぁ!?
それで得することはなさそうだけど…(爆)
最後の仕上げに百色くらい?の中から
好きな色のマニキュアを塗ってもらえます。
あまりの色の多さにずいぶん迷いましたが、
「持ってるサンダルに合う色が良いですよー」の
お店の人のアドバイスもあり、
ピンク系のマニキュアを塗ってもらいました。
ペディキュアは一ヵ月くらい持つそうなので、
家でのお手入れもがんばんないとですね(;^_^A

テーマ:☆ネイル☆ - ジャンル:ファッション・ブランド

[2006/06/21 19:36] | 美容・コスメ | トラックバック(0) | コメント(2)
『コーラスライン』と私
明日は劇団四季の舞台『コーラスライン』観劇です。まだ観劇を趣味にしてなかった学生の頃、
友人の家族からこのチケットを取ってもらえると言われました。
でっ、お願いしたら観劇初心者には衝撃的(@_@;)すぎる最前列!!
目の前で歌い踊る出演者に圧倒され、
「香水の匂いしたよね~」と内容よりも違ったところで感激してました(;^_^A
その何年か後に再びこの作品を観劇する機会がありました。
この時も内容はう~ん(・・;)
なのにまたこの作品が地元にやってくると聞いて、
観たいっ!と思ったんです。
同じ作品でも、その時の心理状態などで
また違った感想を抱くことってありませんか?
あの頃よりも少~しだけ人間的に成長しているつもり
(年齢だけ大きくなったとも言えますが…)(^^ゞ
今回この作品との出会いで
どんな感想を抱くのでしょう?

テーマ:劇団四季 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2006/06/19 21:24] | ミュージカル | トラックバック(0) | コメント(0)
『ビューティフル・タカラヅカ』6/16・ソワレ
 宝塚OGによるTCAスペシャルといったところでしょうか・・・。

 『ビューティフル・タカラヅカ』
 [監修]植田紳爾 [構成・演出]三木章雄
 出演:鳳蘭、麻路さき、星奈優里 他

20060617215123


 客席はツレちゃん(鳳蘭さん)世代の方でしょうか!?
ご年配の方たちが多かったです。
そして、舞台にツレちゃん登場しただけで「おおぉーー!」と
大歓声
私は2階席で観ていたのですが、ツレちゃんが客席に下りると皆さん立ち上がりますっ
あのー、前見えないんですけどぉ・・・
こんなカンジで客席大興奮で幕があがりました。

 第一部はタカラヅカソング・メドレー→ラテン・メドレー→
パリの世界(マリコさん曰く、上品な世界だそうです
ツレちゃん十八番!の♪セ・マニフィークでは舞台も客席もノリノリ!
MCもツレちゃんの巧みな話術で大いに盛り上がり、
あーーっというまの45分間でした。

 第2部は愛の歌メドレー→タンゴ→シャンソン→スパニッシュと
バラエティに富んだ内容。
 ツレちゃんは♪愛のフェニックス、♪白夜我が愛の持ち役の歌はモチロンのこと、
♪愛の賛歌の歌声はじ~んと胸に響いてきました
 マリコさんは、今年1月の『エリザ・ガラコン』で久しぶりに舞台姿を拝見し、
変わらぬ姿に感心しましたが、
今回もマリコさん独特の色気を存分に発揮されていました
特に男役を従えてのタンゴから、
優里ちゃんとの♪黒い瞳の曲に合わせてのムードたっぷりのタンゴ。
これぞっ、宝塚の男役!っていうカッコ良さでした
この場面、『パッション・ブルー』のフィナーレ・ナンバーだったと思うんですが、
記憶が定かでありません
それから、めずらしいという点で・・・。
優里ちゃんとの『ベルばら』の小公子・小公女(笑)
2人ともかわいらしかったです。
因みにアノ鬘は被っていませんでした。
 優里ちゃんは現役当時と変わらぬバレリーナぶりを発揮され
もううっとりでした~
優里ちゃんのダンスの凄さは、流れるような動き
ターンも決して軸がぶれないですもんねー。
あんなふうに踊れたら気持ちいいだろうなぁ・・・。
そして、スパニッシュではスポットライトがあたった瞬間の
キリッとしたカッコ良さ!
とにかく立ち姿がきれい。
美しさと凛々しさを兼ね備えた優里ちゃんのダンス、
やっぱり大好きです

 最近は宝塚から足が遠のきつつありますが、懐かしいOGの方たちの
活躍を拝見し、
やっぱり宝塚って、レビューって楽しいなぁ~と感じた舞台でした。


 

 

 

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2006/06/17 21:51] | 観劇 | トラックバック(0) | コメント(0)
通勤のお供紹介~♪
20060616213319
写真はSTARBUCKS COFFEEの
フルーツフェスタタンブラーです。
同僚が持っていたのを見て前々から欲しいなぁと思っていたのですが、
ついに買っちゃいました(^^)v
買う時に不安だったのが、
鞄に入れて持ち歩いても果たしてこぼれないのか!?
店員さんに聞いてみたところ…。
「ハイ、こぼれずらいです(^-^)」と笑顔の返答(笑)
う~ん、うまい言い方だなぁ。
結局購入し、毎日コーヒーを入れて持って行っていますが、
今のところこぼれたことはありません(^o^;
このタンブラー、購入後1回めはスタバの飲み物サービス。
2回目以降は20円引きの特典付きです。
今や通勤にはかかせないアイテム!
スタバって劇場の近くにも結構あるので、
観劇の際も重宝しそうです。

テーマ:買っちゃいましたw - ジャンル:日記

[2006/06/16 21:33] | お気に入り | トラックバック(0) | コメント(2)
今夏のお楽しみ!
来月、京都旅行を計画しています。
京都は大好きでここ数年毎年訪れているのですが、
いつも観劇絡みでじっくり観光できませんでした。
しかし、今回は観光onlyです(笑)
これは修学旅行以来かもo(^-^)o
今回の旅のメインは【祇園祭り】見物!!
友人ががんばってくれたおかげで、
最終日の山鉾巡行見物の指定席もGet(^.^)b
夏の京都はやっぱり暑いんでしょうねー?
どこかお薦めの観光名所、お店をご存じの方、
教えてくださ~いm(__)m

テーマ:旅じたく - ジャンル:旅行

[2006/06/15 20:03] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(2)
星奈優里さん
16日は宝塚OGによるレビュー、『ビューティフル・タカラヅカ』を観劇します。
舞台での優里ちゃん(星奈優里さん)久しぶりに拝見します!
優里ちゃんは、元星組主演娘役です。
彼女の魅力はなんといってもエレガントなダンス☆★☆
宝塚在団中、男役さんとの息の合った
デュェット・ダンスで魅了してくれました~o(^-^)o
中でも私が印象に残っているのは…。
数年前の地元公演、
『風と共に去りぬ』でのフィナーレのデュエット・ダンス!
前列で観劇できたこともあって、
優里ちゃんのスカート捌きの優雅さに釘づけでした(☆。☆)
このダンスだけでも
もう5回くらい観たいっ!て思いましたもん(爆)
全国ツアーだったため、大階段が5段くらいの
プチ大階段だったことが惜しまれましたが…(;^_^A
今回の舞台はマリコさん(麻路さきさん)とのデュエット・ダンスあるのかなぁ?
楽しみです♪

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2006/06/14 19:30] | 宝塚 | トラックバック(0) | コメント(0)
勝利の女神は微笑まなかった
皆様!昨日の日本VSオーストラリア戦、御覧になりましたかー?
仕事帰りの駅構内で
パブリックビューイングに向かう日本のユニフォームを着た人たちを目撃。
皆んなで一緒に応援すると楽しいだろーなぁと思いながら、
帰宅後、サッカーFANの家族と一緒にTV観戦で応援しました!!
終始オーストラリアの押せ押せムードの展開にも、
ラッキーとも言える!?日本の先取点に勝利が見えてきたところで、
悪夢の3失点(T_T)
川口くんががんばってただけに、
あと一歩で勝利を逃したことが残念でなりませんっ(悔)
次のクロアチア戦は気持ちを切り替えて、
“がんばれ日本!”

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

[2006/06/13 19:48] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(2)
組替え発表
先日、宝塚歌劇団で組替えの発表がありました。
組替えとは、
宝塚には花・月・雪・星・宙の5組があります。
その中でそれぞれの組に主演男役が存在し、
その下でたくさんの生徒たちがピラミッド状に主演男役を支えています。
この縁の下の力持ちの皆さんの、
活躍の場がさらに広がるように、
学校で言えばクラス替え、企業で言えば人事移動が時々行われます。
今回発表があったのは…。
・出雲綾 10/2付で月組へ。
・彩吹真央 12/2付で雪組へ。
・壮一帆 12/25付で花組へ。
ゆみこちゃん(彩吹真央さん)はもともと雪組だったので出戻りになりますね~。
壮くんも、もともとは花でしたっけ!?
今回の組替えはコムちゃん退団後の補充ってカンジになるのかなぁ?
ゆみこちゃんは『月の燈影』の時に、和物がよく似合って芝居も上手だなぁと思ったので、
雪組でもがんばって欲しいと思います!

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2006/06/12 19:27] | 宝塚 | トラックバック(0) | コメント(0)
『タイタスアンドロニカス』6/4・マチネ
実は、観劇数日前までギリシャ神話を題材にした作品だと
大カン違いしておりました。
シェークスピア原作なんですよね~

 『タイタスアンドロニカス』
〔演出/芸術監督〕蜷川幸雄 〔作〕W・シェイクスピア
〔翻訳〕松岡和子
〔出演〕吉田鋼太郎、麻実れい、小栗旬
    真中瞳、壌晴彦、鶴見辰吾 他

20060609190913


 ロビーに入って、まずパッと目に飛び込んできたのは、
舞台小道具や役者さんたちの名前入りの衣装
そして衣装を着た出演者の方がロビーをウロウロしながら、
いきなりストレッチし始めましたっ
今度は客席に向かうと、こちらでも役者さんがウロウロ・・・。
スタッフさんと打ち合わせしている人、談笑している人、
発声練習している人・・・、
一風変わった光景からいよいよ物語はスタートです!
 開演と同時に一瞬にして空気が変わり、時は古代ローマ帝国。
真っ白な空間の中にローマ帝国誕生の象徴
“カピトリーノの雌狼”像が復讐劇の始まりを見つめています。
この像はローマ帝国誕生の伝説を基に作られたもので、
争いの象徴とも言えるようです。
確かに古代ローマの印象って血なまぐさいものがありますよね。
そして、この物語も争いが発端で残酷な復讐が繰り返されるのです
 特に凄かったのが、真っ白い蓮の花!?が咲き乱れる
森??(幻想的で素敵な舞台セットでした)の中で起こる悲劇。
タイタスに息子を殺され彼を憎む、
タモーラ(ゴート族元女王で現ローマ帝国皇后)の息子たちが、
タイタスの娘ラヴィニアを強姦したうえに口封じのために舌と両腕を切断するのです。
舌と両腕を失ったラヴィニアの傷口からは血の代わりに赤い糸がしたたり、
その残酷さに胸がしめつけられそうになりました。
舞台が真っ白な空間なので、血の糸がいっそう残酷さを強調しているようにも思えました。
そして、娘の復讐を誓ったタイタス。
彼のとった行動は・・・。
タモーラの子どもを殺害し、彼らの肉でパイを作り、
それを母親のタモーラに食べさせたのですっ!(絶句)
想像を絶する残酷さ
人間って憎しみでこんなにも残酷になれるなんて恐ろしい・・・。
結果的にタイタスもタモーラもラヴィニアも皆んな息絶えてしまいます。
結局のところ、憎しみによって復讐を遂げても虚しいだけで、幸せにはなれないってことなのかな!?
ラストのタイタスの孫の悲痛な叫びがそれを物語っているようでした。
 出演者では、タモーラ役の麻実れいさん素敵でしたー
特にカーテンコールでの裾の長いドレス捌き。
凛としてて尚且つエレガント
 そして、小栗旬くん。
タモーラの愛人で最後まで開き直りのワルッぷりが、
悪の美学を感じさせ魅力的でした

 この作品、6/16からシェークスピアの聖地ロンドン公演が始まるそうです。
出演者の皆様がんばってくださ~い!







 

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2006/06/09 19:09] | 観劇 | トラックバック(1) | コメント(2)
明日開幕!
いよいよ4年に一度のサッカーの祭典!W杯開幕しますね~。
日頃あまりサッカーに興味ない私ですが、
こういうビック・イベントの時は便乗して盛り上がるタイプです(;^_^A
4年前の日韓共同開催。
我が地元も開催地に選ばれ盛り上がりましたー!
開催期間中は、ここホントに地元?と驚くくらい
道を歩けば外人さんにバッタリ。
国際色豊かな日々でした。生ベッカム様もお見かけしたしo(^-^)o
今回はどんなドラマが待っているのでしょうか?
ジーコJAPANの活躍は!?
熱い戦いに睡眠不足の日が続きそうですね!

テーマ:ワールドカップで盛り上がろう!!! - ジャンル:スポーツ

[2006/06/08 18:00] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(2)
『ナポレオンとヴェルサイユ展』
 『ベルばら』を観に行った時にチラシを見つけ、
“ヴェルサイユ”という文字に惹かれ行ってきました~

20060607191229

2006.4/8(土)~6/18(日) 江戸東京博物館

 ナポレオンに関しては、小学生の時に伝記マンガ(マンガってところが私らしい・・・)を
読んだくらいの知識しかありません(笑)
美術展はナポレオンが歴史上華々しく活躍する前の、
フランス革命から始まります。
まず、目に飛び込んできたのはっ
【国王ルイ16世によるボナパルト(ナポレオン)の少尉任官証書】
ルイ16世っという文字に反応大です!
なぜならこの秋、『マリー・アントワネット』という作品で
禅さんが演じられる役だからです
これは興味津々!
しかし解説を読むと、国王の秘書官が代理で行う仕事で国王とは関係ないことが判明
がっ、まだありました~、ルイ16世様関連のモノが・・・。
【ルイ16世と家族の別れ】
【断頭台に向かうルイ16世】
の2点の絵画です。
そこに描かれているルイ16世様は
お腹がぽっこり出ている小太りの男性。
やっぱりこういうイメージですよね~ルイ16世って・・・
禅さんは一体どんな衣装と鬘で登場されるのでしょうか!?
この絵を眺めながらふとそんなことを思いました。
そして、
【1793年のマリー・アントワネットの肖像画】
もありました。
国王死後、喪服に身を包んだ王妃です。
華やかさはありませんが、
ブルーの瞳からは王妃としての誇りを感じました。
その後彼女は断頭台の露と消えるのですね(涙)
そして、いよいよ主役ナポレオンの登場です!
歴史の教科書などでお馴染みの
【サン=ベルナール山からアルプスを越えるボナパルト】
や、チラシの
【アルコ橋のボナパルト将軍】
などの絵画、皇妃ジョセフィーヌやマリー・ルイーズの愛用品の
豪華な品々、ヴェルサイユ宮殿内の再現などなど、
ブルボン王朝時代の華やかさとは一味違うフランスを
垣間見ることができました。

 開催期間も残りわずかです。
興味のある方は足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2006/06/07 19:12] | 美術 | トラックバック(0) | コメント(4)
まぁーちゃん退団
先日の雪組主演男役スター・コムちゃんの退団発表のあとを追うように
相手役のまぁーちゃん(舞風りらさん)も退団を発表しました。
実のところ、私はまぁーちゃんの舞台をそれほど熱心に観ていたわけではないので、
彼女について語る資格はないんですが…(;^_^A
先日『ベルばら』で久々に観た彼女の舞台。
なんだか見せ場のない役どころで、少し損してるようにも思えましたが、それでもひたむきに演じている姿に好感持ちました。
そして得意のダンスでは、惚れぼれするほどのしなやかな動きで魅了します☆★☆
コムちゃんとは最高のダンス・コンビ!
最後の最後まで、コムちゃんとの素敵なデュエット・ダンス見せてください。

テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2006/06/05 20:30] | 宝塚 | トラックバック(0) | コメント(0)
続々と・・・
 今日は『タイタスアンドロニカス』観劇してきました!
感想はのちほど書きますが、とにかく衝撃的な作品でした
幕間に気分悪くなってる方もおられたようです・・・。

 さて、りゅーとぴあの下半期ラインナップが続々と発表になっています。
先日書いた『奇跡の人』以外に・・・。

・二兎社『書く女』
寺島しのぶ、筒井道隆 他
10/18 19:00開演

・阿佐ヶ谷スパイダース『イヌの日』
内田滋、八嶋智人、中山祐一朗、美保純 他
12/16 19:00、12/17 14:00開演

・りゅーとぴあ劇場狂言vol.7
野村万作、野村萬斎 他

が発表になっています。
 阿佐スパの出演者の中に剱持たまきさんのお名前がっ
コゼットのイメージからすると、阿佐スパ=たまきちゃんと想像できないんですけど、
新境地開拓かな!?

 それからりゅーとぴあ主催公演ではないんですけど、
『しあわせのつぼ』という作品にこんな方の名前を発見しました!
伊央里直加
これって、元宝塚歌劇団・専科の直ちゃん(伊織直加さん)ですよね!?
改名したんですねー

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2006/06/04 21:49] | 観劇 | トラックバック(0) | コメント(0)
明日は・・・
 蜷川さん演出の『タイタスアンドロニカス』観劇です。
蜷川さんの作品は、いつも舞台美術の美しさ・斬新さに注目です!
日本の庭園をイメージさせられた『真夏の夜の夢』、
世界各国男女の顔写真が衝撃的だった『ロミオとジュリエット』・・・と印象的なものが多いです。
 出演者は『オイディプス王』でとてもエレガントだった麻実れいさんに、
TVドラマではよく拝見してる小栗旬くん・・・と楽しみな面々
 シェイクスピアの原作は読んだことないので、
ストーリーについていけるか少々心配ではありますが、
~世界のニナガワが描く、美しい復讐劇~しっかり観てきま~す 

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2006/06/03 20:06] | 演劇 | トラックバック(0) | コメント(0)
一足早いよご卒業スペシャル!
 治田グリュンネ伯爵の司会で、伯爵曰く「家庭の事情で一足早く卒業する方たち」の特別カーテンコールスタート!
題して一足早いよご卒業スペシャル!
この日千秋楽を迎えたのは、ちびルド・苫篠くん、浦井ルド、寿ゾフィー、禅陛下、武田トートの5名。
 トップ・バッターは苫篠くん。
「今度出る時はトートかルキーニをやりたいです。」と立派にご挨拶
 浦井ルドは伯爵に神棚の前でセリフの練習をしてることを暴露されてました~。
 寿ゾフィーは愛猫(犬でしたっけ!?)家でおられるという紹介でした。
 禅陛下のご紹介は・・・、
グリュンネ:「舞台上での目が実にピュア~私生活はどれだけドロドロしてるかしりませんよー!
ある時、謁見の場面でやってしまいました。
陛下、バートイシュル行きのバス!?が来ました。
この時の目も実にピュア~(笑)
数日後彼はこう切り替えしてきました!
どう思うグリュンネ将軍!?
対して禅陛下のご挨拶
「浦井君の神棚へのセリフの練習はいつかやめさせようと思っていました。
この公演は嬉しいことがたくさんありました。
私の嫁が嫁に行き、新しいトートの誕生!、初風さんが戻ってこられたこと。
実生活で実の母が2人いるってことはありえないのですが、宝塚出身の大先輩にたくさんのことを教えて頂きました。これからも半歩でも成長していきたいです。」
そして、卒業生総代武田トート。
「とりあえずおわりました~(安堵の表情)。共演者、スタッフ、オケの皆さんありがとうございました。
衣装は僕だけが特別なんじゃなくて、単に祐さん、内野さんのもデカかったんです(笑)
小池先生は僕の天使です。
そして、一路さん!僕はたった13回永遠の愛を誓っただけですけど、祐さんは足掛け6年・・・この立場は(爆)
失意のトート山口くんと武田くんは2次会で披露させていただきます。
 最後に一路校長先生より贈る言葉
「皆さん明日の打ち上げにもいらしてくださいね~
 グリュンネ:それでは♪蛍の光を歌って・・・えっ、譜面がないっ!?これにておひらき~

 記憶が曖昧な部分もあるのですが、とにかく出演者たちのアットホームな雰囲気にほのぼの
客席にいれたことが幸せでした。
『エリザ』カンパニーの皆様素晴らしい舞台ありがとうございました。 
[2006/06/02 23:13] | 観劇 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。